ホーム
画面構成と機能
分析手順
具体例
価格・購入
試用版ダウンロード
リンク集

 

 「KeyGraph」は、あるデータを構成する要素一つ一つの登場頻度、互いの繋がりの強さや数を計算し、重要な役割を果たしている要素を分類・抽出します。さらに結果をネットワーク図として視覚化することで、データに潜んでいるアイディアの発見を支援します。


 

形態素に分割



テキストを分析する場合、その構成要素である「形態素」が識別できるような形式データを準備する必要があります。
KeyGraph では、通常の文章を加工して形態素ごとに分割する機能を搭載しています。

 

 

重要な要素を抽出


データ中の特に重要な構成要素を抽出し、それらの繋がりの数や強さを計算します。
KeyGraph では、「土台」、「屋根」、 「柱」などの概念をベースにしてデータの構造を解析しています。
 

分かりやすい表示


解析から導かれた、「土台」「屋根」「柱」やキーワードをネットワーク図として表示します。形態素一つ一つをノード、そのつながりをリンクで表現しています。
     

 

お問い合わせは、下記にて承っております。

株式会社構造計画研究所 
創造工学部 TEL:03-5342-1125  FAX:03-5342-1225
e-mail: keygraph@kke.co.jp